ホームパーティでプロにお任せ!出張料理は需要ある?料金の相場は?

スポンサーリンク

出張料理。

それはきっとセレブのお金持ち達が自宅にお客様を招いて

プロの料理人を雇って料理を振る舞う、

そんなイメージでしょうか?

SnapCrab_NoName_2015-12-13_12-14-0_No-00

未だそんなに利用されている人は少ないかと思いますが、外食とは少し違ったプロの料理人にお願いする

究極の中食といったところでしょうか?

ところでこの出張料理はどんなシーンで利用したいと思いますか?

利用シーンは?


趣味で料理やワインの造詣が深い人であれば

・ワイン会

・食材をテーマに沿った食事会

SnapCrab_NoName_2015-12-13_12-38-26_No-00

 

交友関係では

・同窓会

・オープニングパーティ

・誕生日

SnapCrab_NoName_2015-12-13_12-37-6_No-00

 

家庭の行事として

・法事

・子供のお祝いの行事

・親族のお祝いごと

・クリスマスパーティ

SnapCrab_NoName_2015-12-13_12-41-18_No-00

 

会社の行事では

・忘年会

・歓送迎会

・社内の懇親会

SnapCrab_NoName_2015-12-13_12-42-16_No-00

 

などでしょうか?

普段とは少し違った食事の楽しみ方が出張料理の楽しさ、醍醐味なのではないでしょうか。

ところで皆さんは最近家飲みというのをしていますか?

筆者はあまり外食で飲むことはありませんがお酒は大好きですよ。

しかしアルコ-ルにはめっぽう弱いので飲み代は安く上がります。

ところでこの出張料理は最近は需要あるのでしょうか?。

筆者は田舎者なので絶対的にお金持ちというのがいるんでしょうけど、お目にかかったことはありません。

でも大企業の役員とか取締役の人達と知り合いになれたら、出張料理とか頻繁にありそうですね。

一般人の人には家飲みが普通なのだけど、出張料理をお願いしたいと思っている人はどれくらいいるのでしょう?

そんな時の利用シーンのあったら嬉しいモノから

価格帯を

調べてみました。

やはり気になる価格帯

出張料理というとワザワザ料理人や配膳スタッフ等の人件費や

その他雑費が他の飲食店とは違って余分に経費がかかるかと思われます。

一体料金はどれくらいが相場なのでしょう?

出張料理各社によって価格はまちまちなようですが、

最低10万円程度の金額が必要なようです。

人数が20人位だと一人当たり5000円で済みます。

またドリンクサービスは基本的にあまり行っていないところが多いですね。

というのはお客様にはお気に入りのワインやドリンクを飲んでもらいたいという配慮だと思います。

ケ-タリングサ-ビスでこんなのあったら嬉しいと思うもの


また会場の雰囲気を華やかに彩る為の演出としては

フラワーアレンジメント

テーブルコーディネート

SnapCrab_NoName_2015-12-13_12-22-32_No-00

季節によって色合いを変えて会場の雰囲気を変えて趣向を凝らす事ができ、また普段とは違った非日常空間を演出する事ができます。



 

映像などの準備

画像

画像や映像の処理

特別加工し共通の話題やシーン等を作成してイベントプログラムに入れることだって可能です。



 

プロジェクターの準備

画像処理した物をロールスクリーンに投射し会場のみんなで盛り上がろう♪

SnapCrab_NoName_2015-12-13_12-33-49_No-00

 

ゲームの準備

定番のビンゴゲーム等のイベントプログラム

SnapCrab_NoName_2015-12-13_12-24-7_No-00

手土産

SnapCrab_NoName_2015-12-13_12-25-21_No-00

最後のお見送りの時に招待した友人やお客様に手渡しするサービスがあったらポイントアップ間違いなしでしょ!!


 

などが挙げられます。

こんなのが出張料理のパックに含まれていたらちょっと嬉しいかも!?

まるで外食で出来るイベントがそっくりそのままあなたの自宅やお気に入りの場所で実現できたらきっと良い思い出になること

間違いなし!!

ですよね!!

まとめ

実は。。。

昨日ケ-タリングサ-ビスやっちゃいました(笑)

食べる方ではなくて作るほうね♪

実は筆者は料理歴20年のシェフなのだ。

予算は50000円頂きドリンク別で

料理のみのサ-ビスですよ。

人数は10名様でした

実は今年五回目のケ-タリングサ-ビスなのだ。

手慣れたもんです。


 

メニューは後日アップします^^

2015年12/18にメニューをアップしました

こちらからどうぞ


 

しかし今年の9月にこの外食業界から足を洗ったつもりだったんですが、イザ料理を作ると

楽しくてしょうがない(笑)

じゃあ戻れば!!と思っている方もいらっしゃいます。

しかしそれでは意味がないのですよ。

今後の外食業界の人手不足、食材高騰、競争ぎが激しいわ、消費税が増税されるわ、でいいこと何てありゃしない。

しかし!!

そんな外食業界を助けたい一心で現場から足を洗ったのです。

現場にいると拘束時間の長さから外に出歩くことなんて出来ないのですよ。

休憩時間も仕込み、仕込み、で実働労働は1日一体どれくらい?

てことになります。

いや、この業界が好きならいいんですよ。

料理を作ることに人生を捧げて。。。

でもこれから20年、30年と過ぎていくとどうなるんだろう?

人手はもとよりこの外食業界はもっと縮小していくんじゃないか?

人工知能の発達や食文化の衰退等が今後の

将来を筆者を不安にさせたのです。


 

関連記事はこちら

フ-ド業界に警鐘!!突然やってくるビジネスモデルの激変!!


 

しかしこの業界に育ててもらったのは確かです。

この業界に役にたてることはないか?

この業界を助けることは出来ないか?

そんな感じで会社を退社したのですが。。。

それから農業関連の人達と一杯出会い、これからの日本の食について語り合いました。

これからどうやって食と農業をもっとつなげていくか、が今後のテーマです。

あと人手不足ね。。。。(^^;)

しかし美味しい物は大好きなんです。

あれこれ料理をアレンジしちゃってます。

そしてお客様に喜んでもらっています。

自分の楽しいことをしてお客様に喜んで頂ける。

こんな素晴らしい仕事なのにね。。。

でもどんな仕事でもお金になり、そして自分が楽しくないと続けれないよね?

スポンサーリンク