現代人の睡眠時間は?肌に嬉しい時間帯と世代別の睡眠時間は?調べてみました。

スポンサーリンク

現代人は睡眠が足りていないと言います。

昨今のライフスタイルにより何かと多忙な現代人。

仕事はもちろんのこと趣味や付き合いなど人それぞれです。

また業種によって睡眠時間の開きもありますよね。

理想的な睡眠は6時間~8時間と言われています。

男性は多少寝なくて大丈夫かな?(^-^;

思い込みかもしれませんが。。。、

女性の場合はお肌の天敵と言われるくらい睡眠は大切だと言います。

女性はできれば8時間は睡眠をとりたいと思うのでは?と感じてしまいます。

お肌の手入れによって化粧の乗りも違って来ます

男性から見たら髪がボサボサとか目の下にクマが出来ているとちょっと引いてしまいますしね。

最近そんな人は滅多に見ませんが(笑)

女性の努力はすごいと感心してしまいます。

みんな綺麗にしています。

そんなキレイなお姉さんは大好きです♡

SnapCrab_NoName_2015-12-10_4-14-3_No-00

しかし肌の手入れというと睡眠が一番とされています。

理想の肌のゴールデンタイムは夜の11時から深夜の2時までが肌にとって良い時間とされていましたが

しかし昨今のライフスタイルではそんなに現実は優しくありません。

「夜に11時に就寝なんてどうやってするんじゃー」って声も聞こえてきそうですが。。。

最近ではこの定説が変わってきているそうです。

眠り始めてから3時間後が徐々に一般化

最近になって“肌のゴールデンタイムは22時〜2時である”という考え方に異論を唱える専門家が増えてきております。今はむしろ、成長ホルモンが分泌されやすいのは入眠後3〜4時間であり、特定の時間帯に限定されてはいないという説が有力になってきています。これまで22時〜2時と言われていたのは、昔の日本人は22時、23時頃に寝る生活スタイルをとっている人が多かったためです。実際、入眠から3〜4時間の間、脳下垂体から成長ホルモンが分泌されることが分かっており、重要なのは寝付いてから3〜4時間にしっかり熟睡すること、つまり、質の良い睡眠をとることだと考えられるようになりました。

引用元

そんな貴女はどうでしょうか?

ちゃんと睡眠をとれているでしょうか?

理想的な睡眠を始める時間帯とは?

ここで普段忙しいアナタに提案です。

理想的な睡眠を始めるには一体何時くらいからがベストなのでしょう?

睡眠不足による肌荒れ解消としては睡眠後3時間から4時間が肌のゴールデンタイムに変わりつつあるというお話をしましたが

いくらなんでも深夜3時か4時とかは遅すぎます。

人としての良いライフスタイルを送るにはどうかなって気もしますが。。。

最悪でも日付が変わる前に睡眠に入りましょう。

SnapCrab_NoName_2015-12-10_3-46-41_No-00

徹夜は厳禁ですよ。

もしどうしても間に合わない仕事があるときは早く起きてからするように心がけましょう。

「そんなこと言ったって無理よ」って言われたらどうしよ(^^;)

でも無理は禁物です。

体はあなたの大切なパートナーなんだから。。。

世代別に現代人の睡眠を調べてみました。

20代女性の平均睡眠時間は全体の34%

5時間以上~6時間未満でした。

20代女性は頑張っています。

では男性はどうなのでしょう

5時間以上~6時間未満 34.4%

マイナビニュース調べ

なんと男性と女性、共にほぼ同じ結果になりました

やはり女性の社会進出が原因なのでしょうかね?

今や男性とほぼ変わらない仕事量をこなしている女性です。

そんなあなたを応援します!!

でも理想の睡眠時間とは約3時間前後足りてないのが現状のようです。

本当に睡眠は大切なのか?

SnapCrab_NoName_2015-12-10_3-45-10_No-00

「あたりまえじゃボケ!!」とツッコまれそうですが。。

筆者自信はあまり睡眠をとらなくても大丈夫なのです。

自分が感じるところは、恐らく仕事で他人に放り回されていないからだと感じてしまいます。

というのは全て自分のペースで仕事が出来ていると思うからですね。

あと長年、拘束時間の長い仕事をしてきたのでもともと睡眠時間は少なかったのもありますが。。。

あと最近は加齢による睡眠の時間が少なくなってきたのもあるかも知れません。

実はこの加齢による睡眠時間の短縮というのは睡眠は体力を温存するためと、休息をとるために睡眠をとると思いがちですが、

それは間違っていません。

しかし加齢とともに睡眠時間の短縮するのは体力が少なくなってきたからですね。

というのが睡眠も実は体力を使っているのです。

若いときほど、どんなに睡眠をとっても眠たいものです。

皆さん身に覚えはありませんか?

しかしですね。。皆さん歳をとるとこんな体の変化が起きてしまうのですよ((((;゚Д゚))))

加齢とともに寝たくても目が覚めてしまうんです。(笑)

オールや飲み会があって朝帰りしたあとは最悪に眠たいものですよね。

若いときほど、オールや夜通し遊ぶからと言われてしまえばそれまでですが、加齢と共にそういう

生活もできないし、やりません。

しかし睡眠時間は少なくなってきているのです。

睡眠中には体を休めるホルモンが分泌されるのですが、これは若い人と歳をとってきた人にとってはあまり変わりありません。

しかしこのホルモンが体力を削っているのです。

若いときはこのホルモンが分泌されても体力があるので疲れません。

逆に歳をとってきた人よりもスッキリとしたものになるでしょう。

しかし歳を重ねていくとこのホルモンが分泌されているときに実は体力を削られているのです。

なので年寄りは朝が早いというのは間違っていないんですね。

と妄想してみる。。。

(えっ妄想かよ!!!)

いやたぶんきっとそうだコレ!!

この考察は間違っていないはずです。

若いと代謝も良いからきっとよく寝れると思うんです。

加齢とともに代謝も下がっていく。。

こんな因果関係があるそうです。

ソースはこちら

希にいる特別な人。ショ-トスリーパ-とは?

SnapCrab_NoName_2015-12-10_3-43-17_No-00

ショートスリーパーって聞いたことがある人もいるんじゃないでしょうか?

このショートスリーパーって人口の約1%の人がそれに当たるそうです。

普通の人は大体7~8時間位の睡眠を取れば理想的と言いますが、この人たちは一日3~4時間の睡眠で事足りるそうです。

現代人もショートスリーパーになりかけているのかもしれません。

いやただ単純に睡眠が足りていないだけかな?

しかし「今日あまり眠れなかった」って言う人、ちょっとくらい寝なくても平気ですよ。

死しはしませんから。。

無責任かもしれませんが、筆者は1ヶ月に2回ほど2日間睡眠を一切とらないことが多々あります。

「眠くなったら寝よう」くらいのおおらかな気持ちでいいのでは?と思ってしまします。

でも仕事に差し支えるのなら寝てくださいね。

筆者はこの時この瞬間は、今しか来ないと感じることが多々ある為、そうしてるだけですから。。。

あと筆者の経験談ですが2日間起きていると「寝るのがもったいない」と感じてしまうことがしばしばあります。

というには40時間位起きていると妙に頭が冴えてきます。

色々と発想が出てきちゃうんです(いや妄想かもしれませんが。。。笑

睡眠時間の少ない有名人は?

明石家さんま 2~3時間

畑 正憲(ムツゴロウさん)2~3時間

尾田栄一郎(漫画家)  4時間

森鴎外        3時間(2~4時間)

デューク更家(ウォーキングトレーナー) 3~4時間

こうして見てみるとあまり寝ない方がいいような気がします。

時間は誰でも平等にあると誰かが言ってましたが

ちょっと不公平ですよね!!

SnapCrab_NoName_2015-12-10_3-49-27_No-00

画像元

しかしこのショートスリーパーは訓練で誰でもなれるようです。

筆者自身も特に訓練っていう意識があってやったわけではないですが「寝て起きたら仕事」っていう意識があれば大丈夫だと

思うんです。

あまり人にはオススメはできませんが。。。

自己責任でお願いします。

まとめ

現代人はやっぱり睡眠が足りていないってことですが「きっと大丈夫」とは言いません。。。

しかし睡眠が足らなくても質の高い睡眠をとることを心がけましょう。

そして体はあなたを裏切ったりはしないはずです。

健康的な適度の睡眠を心がけて良いライフスタイルを送ってくださいね。

スポンサーリンク