今こそ見直してみよう。節約と省エネ。冷蔵庫の使い方

スポンサーリンク

ずっとコンセントにつなぎっぱなしの家電といえば冷蔵庫ですよね。

そんな毎日欠かさずに働いてくれている冷蔵庫。

皆さん一体どんな使い方をしていますか?

ここで冷蔵庫の電気代を節約できるワザをご紹介。

冷蔵庫の収納や使い方を見直して節約

冷蔵庫の効果的な使い方

必ずチェックしておきたい6つのポイント

①冷蔵室は7割まで
SnapCrab_NoName_2015-12-6_1-10-1_No-00
画像http://iemo.jp/
食材を詰め込み過ぎると冷気の通り道を塞いでしまうため冷却効率が悪くなってします。
7割程度に収納をしておくのが効果的です

②食材の置き方はコの字型に配置しよう
SnapCrab_NoName_2015-12-6_0-3-8_No-00
画像元http://jet-walk.jp/l
冷蔵室は食材を内壁に沿わせるようにコの字型に配置する。
庫内の冷気が循環しやすく、冷却効果がアップします。

③食材の定位置を決める
SnapCrab_NoName_2015-12-6_1-8-49_No-00
画像まとめNAVER
食材を定位置に収納することも大切です。
それぞれの食材を適した収納室に、定位置に収納することで
食材の廃棄ロスも防ぐことができ、在庫管理もしやすくなる。

④設定温度は中に
SnapCrab_NoName_2015-12-5_23-48-20_No-00
画像引用元https://aizuhems.jp/
冷蔵室は7割程度のゆとりを持たせることで設定温度は「中」でも
夏場は十分。暑さが厳しい時以外は「弱」でもいいかも

⑤冷凍室は隙間はゼロにしよう

SnapCrab_NoName_2015-12-5_23-45-43_No-00
画像引用元http://kadenfan.hitachi.co.jp/catalog/rei/data/target.pdf
冷凍室は、冷蔵室と違って隙間を作らないこと。
これはぎっしり詰めることで凍った食材どうしで冷やし合う効果を高めるためです。
そのほうが冷却効率が効果的なんです。

⑥冷蔵庫の配置は?

SnapCrab_NoName_2015-12-6_0-0-28_No-00
冷蔵庫を設置するときは、冷蔵庫を壁に寄せないことが大切です。
食材を冷ますモーターが熱を持つため、冷蔵庫自体の放熱効率が悪くなるからです。

このように冷蔵庫はちょっとした使い方で節約が出来てしまいます。

あなたの自宅の冷蔵庫は詰め過ぎてない?

何も考えずに空いているところから詰めていくと、食材に適していない場所に収納してしまうこともあります。

そうしてしまうと冷蔵庫の冷却パワーが落ちてしまい無駄にコストがかかってしまう。

食材は冷蔵庫の7割くらいに抑えコに字型に配置しよう。

また、設定温度の見直しもしておきたいですね。

暑い時は過剰に設定温度を高くしてしまいがちだけど食材を詰め込みすぎずに7割程度なら

設定は「中」でも問題ない。

逆に冷凍庫の方は詰め込みすぎるくらいでちょうどいいのです。

だだし凍っていない物を入れると熱効率が悪くなるので、例えば余ったごはんなどは

一旦ミニ冷凍庫で固めてから収納するのがいいでしょう。

新モデルの買い替えで1万円以上の節約も!

古すぎる冷蔵庫を使っている場合、それだけでもコストがかかってしまうこともあります。

最新のモデルは省エネ設計に優れているうえ、節電モードも充実しています。

ものによっては年間1万円以上の節約になる場合もあります。

SnapCrab_NoName_2015-12-6_1-7-6_No-00

最近ではほとんどのメーカーの冷蔵庫に節電モードが搭載されています。

冷蔵庫によっては12%もの節電効果を期待できるものもあります。

古い冷蔵庫は買い換えし、最新大型製品に

また冷蔵庫の大きさは容量が大きいほど省エネです。

SnapCrab_NoName_2015-12-6_1-0-41_No-00

一般的な家電のほとんどはサイズに比例して電力消費も大きくなるが、冷蔵庫逆なんです。

オススメサイズは「400L」以上がオススメですね。

そんな我が家は「475L」を使っています。

なぜ大容量の冷蔵庫をオススメするのかというと、省電力と静音性に影響があるインバーターを搭載するのに

ある程度のサイズが必要になってくるのが要因

したがって節約を重視するのであれば、ワンサイズ大きめのモデルを検討したほうが良いでしょう。

しかし、自宅の置き場スペースを考慮しないと購入したけど置き場がない。

そんなことにならないように事前に調べておきましょう。

関連記事

2016年登場予定!! 激安家電の登場?IoT家電とは?

 

 

 

 

スポンサーリンク