TV見てますか?NHKの受信契約料を解約する唯一の方法!!

スポンサーリンク

皆さんTVを見ていますか?

昨今では若者のTV離れが進んでいると聞きます。

今ではインターネットでの情報も盛んで、そこから時事ニュースを見ている人もいるくらいですからね。

また色々と支払いがあるこの世の中。。。。

払いたくても払えなくなるもの。

払いたくても払う価値のないもの。

払っていてもあまり意味のない物。

色々あると思います。

そこで筆者自身はTVをほとんどみません。

NHKも観ません。

NHKの受信契約料も払っていません。

払う理由がよくわからん!!からですね。。。

そこでNHKの受信料を払っている人にお知らせです。

※本当にNHKを見てない人だけ試してくださいね。

そこは良心にお任せします。

そもそもNHKの受信料ってどういう仕組み

今現在NHKの受信料を払っている方でどのような方が対象なのでしょうか?

放送法第64条1項

協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその受信料についての契約をしなければならない

s-SnapCrab_NoName_2015-12-3_5-47-23_No-00
・自宅にTVがある方

・TV視聴可能なPC
s-SnapCrab_NoName_2015-12-3_5-42-6_No-00
画像元

s-SnapCrab_NoName_2015-12-3_5-43-56_No-00
・ワンセグ、フルセグ対応のスマホ
画像元

SnapCrab_NoName_2015-12-3_5-49-19_No-00
・レコーダー
画像元

などの周辺機器の所持も対象というから

どんだけお金に飢えているかがよくわかります。

こういったTVを受信できる環境であれば受信料は払わないといけません。

現在TVがあってNHKを見ていなくても契約をしていたら解約を受けることはできないそうなので、

「NHK見てません」の一点張りではダメですね。。。

受信契約をしないと罰則にされる規定はありませんが、契約した上での受信料の支払い拒否をした場合、

違法とみなされるそう。

周辺機器を持っていることを前提に話をすると

何より契約していない状態であることのほうがこの前提の場合重要です。

しかしもうすでにNHKの受信契約料を払っている方は見ていてなくても解約は不可能だそうです。

そこでどうすれば解約できちゃうんでしょう?

一度契約した場合でもNHKの受信料が解約できる方法!!

最も手っ取り早いのが「処分した」という報告

この時解約に必要な証明書は

・譲渡先の住所

・リサイクル券

・売却先の領収書

一度契約すると解約までの道のりは厳しいです。

そこで上記の手段を取りましょう。

但し受信する周辺機器を持っていないことが条件です。

またその報告をしたあと聞かれる言葉があります。

「今後そのような機器を持つことがありますか?」

その時にははっきりとない!!と答えましょう。

また引越しなどで現在TVを見られる環境がない場合はOKだそうです。

但し皆さんスマートフォンは持っていますよね?

スマートフォンは引っかかるの?

という疑問にお答えします。

iphoneならスマホはセーフです。

どこで解約手続きするの?

「NHKふれあいセンター」で解約が可能です。

ここで上記の手段を取ってから「NHKふれあいセンター」に電話をかけよう。

ここで受信できる環境にない旨を伝え証明書も一緒に保管しておこう。

色々聞かれるが、受信できる環境について聞かれると「ない!!」と答えよう。

話がまとまれば解約手続きの為の廃止届けが届くのでそれを記入し返送するだけ。

自宅まで確認しには来ないので安心してくださいね。

未払で訴えられるのは「BSテロップ」消去者

NHKは未払者の全てを訴えているわけではありません。

未払で訴えられる多くの人は「BSテロップの削除」の問い合わせをした人が多いようです。

過去にNHKの受信料を滞納した方はどうなる?

滞納されたNHKの受信料は5年で時効がきます。

2014年9月に受信料をめぐる裁判で最高裁は初めて「滞納された受信料は5年で時効になる」と判断

以降の裁判でもこの結果が判例として参考にされています。

まとめ

最近何かと支払いが多い中、娯楽であるTVからもお金が取られてしまう。

っていうのもなんだか疑問に感じることはあります。

真実を正々堂々と言ってくれるマシなTVだったら少しはTVを見ようと考えますが、

必ずしも全てそうでないところも多々あります。

ましてやこれだけインターネットが発達し、自宅にいなくてもその場でニュースや情報を観閲できてしまうっていうのが

TV離れの原因です。

このNHKの受信料については昔から疑問に感じていたところはありました。

「なぜ払わなくてはいけないんだ?」「見ないのに」

皆さん同じ気持ちだと思います。

 

スポンサーリンク