浮気バレ対策!必読!こんな人は浮気に向いてません

スポンサーリンク

初めに言っておきますが、

こちらの記事は浮気を勧めているわけではありません。

皆さん浮気はしていますか?

筆者はしていませんけど。。。。。

昔はしたことがあります。

その時は自分からネタバレしちゃいましたが。。。。。

バカです↑

それからかれこれ10年位です。

その時の経験も踏まえてどうしたら浮気がバレないかという最低な記事を書いていこうと思います。

そこで浮気でばれるのをビクビクしながら毎日を送ってませんか?

でもそんな毎日が刺激的で楽しんでらっしゃる方もいると思います。

浮気に関して配偶者から、又は恋人に「なんか怪しい」と思われたときに

真っ先にチェックを入れられるのがスマートフォンだったり携帯電話ですよね?

これらのセキュリティは大丈夫ですか?

自分がお風呂に入っている時に見られたり、寝ている間に携帯電話やスマートフォンを見られるいうチャンスを本命に与えていませんか?

「そこで浮気をしてしまった!!」「浮気をしてそう」と感づかれた時に対処しておくべきことをお話しましょう!!

ここで始めに言っておきます。

※これを実践するにあたっての責任は当サイトでは負いかねますのでご了承くださいね

バレてからでは全てがおしまいです。

自分の生活や家族を失うことになり、また社会的信用も失う可能性もあるかもしれません。

決しておすすめはしませんが「ご覧になりたい方」のみの観閲とさせていただきます。

まず始めに

いつでも浮気ができる準備をしておく

ここでいう浮気のできる準備をしておくということはどういうことでしょう?

浮気がばれる人の傾向としてちょっと魔が差して、調子に乗ってつい浮気をしてしまう人ですね!!

そんな人は、常日頃からそんな危機感を抱いていないから、すぐにバレてしまいますよ。

浮気がバレない人って用意周到なんです。

しっかりと準備してからでないと浮気はやってはいけません。

そこで準備をしましょう。

準備をする一例として。。。。。

毎日仕事でまっすぐ自宅に帰らない事です。

最低でも就業時間の4時間は遅く帰りましょう。

普段からこの生活を実践してると配偶者や恋人から怪しまれません。

「普段からの生活リズム」ですからね。

そうすると就業時間が終わっても最低でも浮気相手と3時間は過ごすことができますよ。

これがラブホテルの休憩時間が3時間の理由です。

例えば今現在、浮気相手がいなくても時間を有意義に使えるはずです。

アドリブを用意しておくこと

s-SnapCrab_NoName_2015-12-3_3-35-26_No-00

画像引用元 http://guideworks.co.jp/

本命に突っ込まれた時に絶句しないようにいつでも受け答えできるアドリブを用意しておくことが

大切です。

本命が「女性の場合」は尚更です。

女の感は鋭いので、思った以上のストーリーを自分で考えとかないと、突っ込まれた時に困るのは自分です。

当たり前ですが、これくらいはできるでしょ?

寝ぼけている時には返事をしないこと

s-SnapCrab_NoName_2015-12-3_3-14-6_No-00

これは意外に知られていない浮気がバレる方法です。

これは頭がはっきりと起きてない時に不意打ちされる攻撃です。

本命の質問に対して本命の知らない情報をつい言ってしまうんです。

違った情報を本命に言ってしまうんです。

自分が思っている素の部分が出ちゃうんです。

素直な自分が出ちゃうんです。

だから寝起きや頭が働いていないときは「話題を変える」ことに専念しましょう。

LINEに必須の浮気バレ対策

s-SnapCrab_NoName_2015-12-3_3-27-9_No-00

浮気のチェックといばスマホでのチェックですよね。

これの対策はキチンとやっておかなければ後で大変なことになりますよ。

浮気相手とのコミュニケーションツールとしてこのLINEは大変便利です。

普段から使っている方も多いかと思いますが、ふとした瞬間に「間違って配偶者や恋人に送信してしまった」

なんてことがないように対策をしておきましょう。

例えば配偶者や本命の恋人だけにはLINEの壁紙を変えて誤送信を防ぎましょう。

以下リンクから

トークルームの背景を変更

またいくつかこんな方法があります

ポップアップ表示を消す

パスコードロックをかける

などの設定から他には

相手の名前を変えるとか有効かと思います。

常に本命と浮気相手の動向を探っておくこと

s-SnapCrab_NoName_2015-12-3_3-26-22_No-00

画像引用元 http://howcollect.jp/

浮気をしている最中「いつかばれるんじゃないか」という心理が働くものです。

そこで浮気相手と本命を近づけてはいけません。

「そんなこと誰がするんじゃ!!」と思ってしまいます。

しかし街中で偶然ばったり会ってしまったら。。。

もし浮気相手に自分の本命を知られてしまい「ゆすられたら?」って考えてしまいませんか?

もちろん浮気しているあなたが一番いけないのですが、もし浮気している相手が悪い人間だったら?と考えてしまいます。

なので自分のことは自分が一番分かっていても相手のことは完全には理解できないところが絶対にあります。

こういった最悪のケースになってしまわないように自分と本命と浮気相手の動向は常に気を張っておくことが大切ですよ。

また本命の活動範囲では浮気相手と遊ばないようにしましょう。

どこで誰が見ているかわかりませんからね。

自然体で接すること

浮気中ってどこか浮ついた心になって浮き足たってしまうものです。

これは本人が意識していなくても周りから見れば少しおかしく見えてしまう時だってあります。

また当たり前のことを妙に隠してしまったり、本命にとってあまり関心がないものでも感づかれることもあります。

ですので一人でいる時はともかく、本命または浮気相手といるときは、あくまでも自然体で接することが大事です。

こんな相手は浮気に向いてません

s-SnapCrab_NoName_2015-12-3_3-32-49_No-00

自分が注意深く浮気をしていても、ふとした相手の行動で浮気がバレてしまうことも

あるかもしれないので予防線は常に貼っておきましょう。

そしてこんな相手は浮気相手として適さない人もいます。

それはどんな人でしょう?

自分のことを常に見て欲しいタイプ

連絡をくれなきゃヤダなタイプ

自分の活動範囲を教えて、それを共有しようとするタイプ

など数えればキリがありませんが

これは本人(浮気相手)が浮気をしているという自覚がない人ですね。

本来は浮気とはこっそりと隠密行動が絶対条件です。

なのにこんな事していたらいつかボロが出てしまいます。

自分もこれが当たり前になってきて、いつか錯覚するようになってしまいます。

普段の生活にも出てきますよ。

バレちゃいますよ。。。

こういう人は浮気に向かないタイプです。

浮気には時効があります

過去に浮気をしてしまったけどバレてない方!!

これは墓まで持っていくことにしましょう。

結婚している方なら尚更です。

以前どこかの記事で36年前の浮気を告白したおじいちゃんが配偶者であるおばあちゃんに殺されていた事件がありました。

ソースはこちらから

そんなことがあるので自分の内にしまっておきましょう。

ところで浮気や不倫ていつまでも過去の出来事に振り回されるのでしょうか?

実は。。。。。

浮気には時効というものがあるんです。

過去の浮気が将来発覚しても裁判で取り上げられても問題ないことがあるんです。

浮気の慰謝料請求の時効とは?

法律は権利が消滅してしまうまでの期間として2つの期間を定めています。
具体的には以下の2つの期間が定められており、2つのうち、いずれかの期間が経過した時点で時効消滅することとなります。

1・不倫関係があったときから20年間(除斥期間)
2・不倫関係があったことと不倫相手を不倫された側が知ってから3年間(消滅時効)
2についてはどの時点から時効の期間のカウントが開始するかですが、不倫慰謝料請求の消滅時効は、「損害及び加害者を知ったとき」から進行します(民法724条)。よって、相手の顔は知っているが、名前や住所がわからない場合には事実上慰謝料請求が不可能なので、時効期間のカウントは開始しません。

そうすると、不倫の事実を知った時から3年間で時効期間が経過ということになりそうですが、離婚については一方で、「離婚が成立してから3年が経つと不倫慰謝料請求権は時効にかかる」という判例があります。

(2)時効期間が経過したからといって自動的に請求できなくなるわけではない!

もっとも注意しなければならないことは、不倫関係と不倫相手を知った時から不倫慰謝料請求権が3年で自動的に消えるということではありません。慰謝料を請求される相手方(元パートナー、不倫相手)が「もう時効なので、慰謝料は払いません」と主張(時効の援用)をしないと、慰謝料請求権は消滅しません。

また、元パートナーや不倫相手が時効期間が経過したことを知らずに「慰謝料は払うから少し待って下さい」とら「分割払いでもいいですか?」などと言った場合、時効を主張できなくなります。この場合、消滅時効の期間が経過していても不倫慰謝料の請求は可能です。

引用元http://best-legal.jp/

え!慰謝料には明確な基準がない!?

慰謝料とは,浮気していた夫(妻)とその浮気相手から受けた精神的な苦痛に対して支払われるお金になります。夫や浮気相手に慰謝料を請求することは,不法行為に基づく損害賠償請求として法律で認められていますが,実は慰謝料の金額については,明確な基準があるわけでもなく,ケースバイケースで決まることがほとんどです。

そのため,過去の判例などを参考に慰謝料の金額は,単に浮気をしただけなら(離婚も別居もせず,夫婦関係を継続する場合なら)50万円~100万円,浮気が原因で別居に至った場合は100万円~200万円,離婚に至った場合は200万円~300万円が一般的となっています。金額にかなりの幅やバラつきがありますが,浮気・不倫による損害が大きいほど慰謝料も高くなる傾向になりますね

引用元http://www.adire-isharyou.jp/special/01/

慰謝料の相場(目安)

離婚も別居せず,夫婦関係を継続する場合    50万円~100万円
浮気が原因で別居に至った場合        100万円~200万円
浮気が原因で離婚に至った場合        200万円~300万円

まとめ

いかがでしょうか?

筆者自身は浮気については、いけないことだと思います。

過去の反省と経験で感じたことを記事にしているだけで、これを推奨しているわけではありません。

しかし。。。

自分の一時の快楽によって人生や家族、生活まで変えてしまうものです。


s-SnapCrab_NoName_2015-12-3_3-40-35_No-00

画像引用元 http://woman.excite.co.jp/

いつか自分の身に返ってくる。。

因果応報というやつですね。

浮気はやらないほうが身のためです。

どうしてもやってしまう人は絶対にバレないようにしてくださいね。

浮気はいけないことです。

しかし相手が知らない方が、良いことが幸せな時だってあるんです。

綺麗事は言いません。

これだけは、あなた自身の道徳にお任せします。

決して役立ててくださいとは言えませんので。。

 

 

スポンサーリンク