2016年登場予定!! 激安家電の登場?IoT家電とは?

スポンサーリンク

激安家電の登場で過去にはジェネリック家電と呼ばれたメーカーも存在していました。

2016年この家電業界に新たなサービスと連携して生まれる「IoT]という言葉が生まれます。

この「IoT]ってなんでしょう?

Internet of Things の略でIT関連機器以外のあらゆるものがインターネットに接続されることを示す言葉です。

現状の機能では外出先からの遠隔操作などにとどまりますが、一方で価格が高く、あえて買い替える利便性を感じない

などを理由に最新家家電は高荷の花のような感じではあります。

しかしこの「IoT]により家電そのものがが激安で買えるという商品が2016年に登場します。

最近の流通各社は、リアル店舗とネットの垣根を越えて、あらゆる場所で商品を売る、顧客との接点を見出す「オムニチャネル戦略」にまい進しています。

オムニチャネルとは、実店舗やオンラインストアをはじめとするあらゆる販売チャネルや流通チャネルを統合すること、および、そうした統合販売チャネルの構築によってどのような販売チャネルからも同じように商品を購入できる環境を実現することである。

出典元http://www.sophia-it.com/

格好の出店先にあるのは家庭にあるものからのオムニチャネル戦略

具体的に一体どんなものがインターネットと接続されるのでしょう?

スマートフォンやPCは当然として人間にとって生活に欠かせない家電といえば「冷蔵庫」です

そこでその筆頭格である冷蔵庫が2016年に発売されるAQUA[DIGI」です

s-SnapCrab_NoName_2015-12-1_22-40-12_No-00

引用元http://taki.i-ra.jp/e907382.html
 

このAQUA「DIGI]の秘密

実はこの冷蔵庫扉が液晶になっていてアンドロイドで動くいわば巨大タブレット端末です

「DIGI]の画面から注文できるようにするとのことですがどんなメリットがあるのでしょか?

s-SnapCrab_NoName_2015-12-1_22-42-42_No-00
引用元http://www.ddstudio.co.jp/jp/jp_topics/2015.html
 

IoT家電とネット通販が一体化に!?

ユーザーの利便性が高まるのはもちろん、通販業者側にとっても積極的に商品の販売促進をできるところが強みです。

このサービスとの連携でIoT家電が安価で提供されるという仕組みです。

ただし商品購入が条件にこのIoT家電が激安になるそう。
この製品はすでに発売レベルまでに達しており今現在は、どんなサービスを提供できるかをパートナーと話をすすめているそうです。

このIoT家電に関心を示している業界

s-SnapCrab_NoName_2015-12-1_23-17-39_No-00

引用元http://www.mwed.jp/realwedding/money/1657.html

このAQUAの巨大画面を利用してファッション業界も関心を示しているそうです。

ファッション通販と連携をし、この巨大な画面を利用し、外部カメラで全身を映せばディスプレイが鏡に早変わり。

疑似試着してから購入をするという、自宅に居ながらファッションを楽しめる時代がやってくるということですね。

もちろんそのまま気に入ったらすぐに注文ができます。

洋服を買うとき、もう失敗しない!

これはお金のない筆者もぜひ試したいところです(笑)

手軽にネットサービスが使えるAQUA[DIGI」

実は家の中でずっと電源がついているのは「冷蔵庫」だけですよね?

パソコンだと起動時間もかかってしまうしスマホだと電源の消費も気になります。

これだと家にいるときいつでもネットで注文ができるというわけですね。

このようなことから各業界は関心を示しているそうです。

このことから今後益々IoT家電の需要が増えるのではと考えます。ほかにどんなIoT家電があるの?

生存確認もできちゃう販売中の商品も

少子高齢化や30年後には孤独死が5人に1人といわれる時代にいなってきます。

そこで高齢者が毎日使うあるもので、データや通信のやり取りをしてしまう商品がもうすでに販売されているそうです。

そのデータを多く離れた家族に送信するという、これからの時代に合った家電があります。

それがこちら

象印の「みまもりほっとラインi-pot」です。

こちらの”>「みまもりほっとラインi-potはお年寄りが携帯電話を持っていなくても通信機器が内蔵されているから安心です。

まとめ

これまでは自分の興味があるものを検索していた物がIoT家電とネットとの連動で益々買い物が便利なってくる時代になってきましたね。

また事業者側にとってもオムニチャネル戦略は今後の主流になっていくでしょう。

これまで個々に発信していくことが難しかった戦略が、ネットサービスにとってIoT家電が願ってもないデバイスです。

益々便利になっていくこの世の中、どう使っていくかの選択肢が増えてきましたね^^

これは楽しみな世の中になってきました。

以下もどうぞ

関連記事

フ-ド業界に警鐘!!突然やってくるビジネスモデルの激変!!

どっちが優れている!?人工知能のロボットと宇宙人!!徹底分析してみた!!

今の仕事で食べていけなくなる!?恐るべし10年後の世の中の予測!!

スポンサーリンク