100巻以上刊行している漫画作品はどれくらいの期間連載すれば到達するのか?

スポンサーリンク

100巻を超える漫画ってどれくらいあるんだろう?

100巻以上刊行している漫画作品って相当な期間連載していないと達成出来ない刊行数ですよね?

では一体100巻刊行するとなると一体どれくらいの期間を要するのでしょうか?

こちらはきりの良い100巻で連載終了した「あさりちゃん」を例にとって上げていきたいと思います。

漫画を100巻刊行すると一体どれくらいの期間を要するのか?

2014年に連載を終了した「あさりちゃん」を例にとってあげてみましょう

「あさりちゃん」の連載開始はなんと1978年に初登場

s-SnapCrab_NoName_2015-11-13_20-53-34_No-00

筆者の年齢とあまり変わりません。

昔TVでもやっていたなぁ

つい最近まで連載していたのが驚きですが。。。。

大人になると子供向け漫画ってあまり見なくなります。

1978年連載開始から2014年という長い歳月連載をしていたんですが

s-SnapCrab_NoName_2015-11-13_20-53-1_No-00

連載誌が小学3年生という事もあり、連載開始からリアルタイムで読んでいる人はほぼいないでしょうケド、

単行本で買い続けている人は結構いるかもしれません。

人の成長期間に換算すると?

「あさりちゃん」を例にとって挙げると約35年という歳月が流れています。

35年って言ったらもうアラフォーですよ!!

アラフォー!!

生まれてから35年間同じことを続けるのってすごく大変です。

まさに作者は35年同じ漫画を書き続けていたわけですね。。。

「あさりちゃん」シリーズのスピンオフなどもありながらの連載ですからね。。。。

すごいです。

ページ数は一体どれくらい?

通常の漫画単行本コミックスは160~200前後です。

もちろん月刊や週刊ににより変動しますが

大体これくらいですね。

ページ数を単純に平均で180ページとすると

180P×100=18000ページとなります。

んん?

イメージが湧きません(^^;

これがどれくらいのページかというと

高さで表しましょう

単行本の厚みが平均で1.5cmです

それの×100だと

1.5×100=150cm

ですね。。。

小学生高学年位の身長になってしまいますね(^^;

因みに150cmの有名人は

益若つばささん

s-SnapCrab_NoName_2015-11-13_21-1-56_No-00

150cmで37kgだそうです!細い!

その高さまで漫画を書くのって、そりゃ並大抵のことではできません。

脱帽です。。。

100巻刊行するとだいたいどれくらいの年収になるの?

「あさりちゃん」の場合

単行本は100巻になりますが、出版部数は総計で2500万部。

35年間にわたって、1巻あたり25万部を売り上げる怪物漫画です。

印税が一冊50円だとしても、50万冊で2500万の収入、100万冊で5000万。

ということは。。。

50×2500万=1250000000円!!

12億5千万円です!!

Sugeeeeeeeeee( ̄▽ ̄)

それを年収に換算すると

12億5千万÷35年=35714285円です

平均約3千600万の年収になります。

すごいですね(^^;

羨ましいです。

でも続けることに意味があって子供たちを喜ばせた結果ですもんね^^

日本最多の漫画刊行数は?

日本最多の漫画刊行部数を誇るマンガは。。。。

皆さんご存じのこち亀ですね。

こちらはなんと!!

1976年からの連載です!!

s-SnapCrab_NoName_2015-11-13_20-55-15_No-00
(1976年第1巻です。37年の歳月を経て絵のタッチも変わりました)

今まで37年以上における週刊連載で一度も休載せず、「少年誌の最長連載記録」のギネス世界記録の保持、更新を継続中。

驚異ですね!!(゚д゚lll)

こちらは100巻に到達したのが1996年11月です

約20年で100巻到達です!!

間違いなくこちらが日本国内漫画史上最速の100巻到達記録でしょう!!

(一度も休んでないって超人ですか!!)

今ではもう200巻まで届きそうな勢いです。

s-SnapCrab_NoName_2015-11-13_20-54-40_No-00
(こちらは最新巻の196巻)
いやー届くでしょう。

因みに発行部数は累計1億5,650万部

計算は。。。

単純に「あさりちゃん」の6倍です!!

なので

「あさりちゃん」12億5千万×「こち亀」6倍=75億円です。

年収は75億÷37年=約2億円です。

ONE PIECEは言わずもながですが。。。。

こちらはテーマと違うので別件で。

100巻に届きそうなマンガは?またいつから連載してる?

鬼平犯科帳  96巻 1993年~2015年10月現在

パタリロ   94巻 1978年~2015年10月現在

釣りバカ日誌 93巻 1979年~2015年現在

などがあります。

世界の漫画刊行数は?

日本の漫画とは出版形態が違い、1巻に1話(もしくは複数話)で出版され、

複数巻を収録した単行本も出版される事があるが全てが単行本化されるわけではないそうです

出典Wikipedia

Cerebus という漫画。235巻刊行です

こちらは同一作者が1977年~2004年までで(100巻到達が1987年)

65巻から今現在の作者も参加している漫画らしいですね。

Savage Dragon という漫画  195巻刊行です

1993年~連載です(100巻到達が2002年)

。。。。

こう考えるとこち亀の偉大さがわかります。

まとめ

全部で100巻超えのマンガは11作もあります。

なぜこんなに長く続くのか?

ひとつの作品を長年やっているとマンネリに陥りそうなものだが、本当にマンネリ化してしまえば読者に飽きられてしまう。

100巻超えマンガはギリギリのところでマンネリを回避し、つつ強いキャラ設定とお約束パターンによってぐるぐる回していくそうです。

もちろん時代背景沿ってですが。

それにしても書き続けるってすごいなと感じます。

100巻を超える漫画ってみんな馴染みのある漫画ばかり。

急に連載がなくなってしまうのはさみしいのですね。

作者の皆さんには健康に気をつけていつまでも読者を楽しませてくださいね^^

スポンサーリンク