[驚愕]ユダヤの法則78:22!人生成功の秘訣はここにあった!!

スポンサーリンク

皆さんお仕事頑張っていますか?

え?頑張っていない?

適当にやってる?

イヤイヤ、一生懸命仕事してます。

まぁ人それぞれだと思います。

しかし世の中のは必ず人生で成功している人がいますよね。

これには少し驚くべき事実が隠されたいたんです。

ご存知でしたか?

それは78:22の「ユダヤの法則」といいます。

ユダヤの法則とは?

このユダヤの法則というのは今では世界の多くの企業が使っている法則と言えます。

もちろん学校ではそんなことは教えてくれません。

ユダヤの法則というのは78:22の割合でできているという事なんですが、

では78:22とはいったいどんなことを表しているのでしょうか?

78:22を足してみると100になりますよね。

一つの物事が78:22の法則で成り立っているというものです。

多くの重要な物事がその比率になっているというものです。

それはあらゆる分野においてこの法則が当てはまるということです。

別名「ユダヤの法則」・・・

人の体もそうですし、商売にしてもそう、学習にしてもそう、もちろんお金に関してもそうです。

 

ユダヤの法則を使った実例を紹介

ここでは実際にユダヤの法則がどのような形で成り立っているのかを見てみましょう。

例えば銀行で言いますと

銀行は預金者からお金を預り、それを貸し出して利益を生みます。

一見借りたい人が多いと儲かる感じですが、実際には預金者が多い、

それも預金者78:借金者22が一番うまく行くそうです。


実はこの銀行の商売のやり方はこんなやり方があるんです。

信用創造というのがあるんです。

信用創造についてはまた詳しく説明をしたいと思っています。

2/10追記しました。

経済学においての「信用創造」


 

そこでこんな実例を紹介したいとおもいます。

皆さんご存知マクドナルド

この日本マクドナルドの創始者「藤田田」という方が78:22の法則を使ってマクドナルドを

発展させたそうです。

1987年、マクドナルドが¥390(サンキューセット)というセットの販売を始めました。

ちょうどこの頃500円硬貨が普及し始めた時期なんです。

この¥390(サンキューセット)には実はユダヤの法則が組み込まれたいたんですね・・

500円硬貨が普及するとこのワンコインでこの¥390(サンキューセット)が

買えます。

実はこれ・・・

500円ー390円=110円です

390(78):110(22)なのです!!

実は巧みに使われていたんですね・

しかも名前も親しみやすい名前です。

ありがとう=サンキュウ=390円

もう!これは完璧だとおもいます。

その年の流行語大賞にまで選ばれました。

そんなユダヤの法則を巧みに利用し日本有数の企業に発展させていきました。

経営の天才とまで言われてたこの藤田田という人物。。

この法則を教わったのがユダヤ人だというのですから・・・

商売に使われたユダヤの法則、その後継者とは?

ユダヤ人というのはこの法則を使いビジネスで数々の成功を収めてきました・・・

その企業というのはGoogleやFacebook、スターバックス、などなど・・・

数えればキリがないくらいです。

このユダヤの法則を使ってマクドナルドを成功に導き出した藤田田という人物。

後継者はいるのか?

はい、いるんです。

過去に藤田田を訪ね、このユダヤの法則を使って今現在、日本企業における大成功を収めた人物がいます。

その名は誰もが知ってる人物です。

ソフトバンクの孫正義です!!

実はユダヤの法則は自然界で成っている!?

自然界で成り立っているユダヤの法則を見てみましょうか?

・地球でいうと

海と陸地が78:22です。

空気中に含まれる成分のうち窒素が78%、酸素、二酸化炭素その他の気体が22%

・人体に関すること

肺呼吸と皮膚呼吸の割合は78:22

善玉菌と悪玉菌の割合は78:22(これが崩れると体調不良になる)

人の体の78%が血液残りが骨や皮

その他

・正方形の中に最大の丸い円を書くと、円の中の面積が78%、円の外にある四つの角の面積は合計22%です。

・富裕層が保有している資産78%一般層が保有している資産22%

これはもう「ユダヤの法則」というより「宇宙の法則」といってもいいのかもしれませんよね。

もしかしたらこの宇宙も100の宇宙空間に対して22の惑星が存在するのかも・・・

なんてね(笑)

しかし

なぜユダヤ人ばかりがそんなに有能なのでしょうか?

この法則は宇宙人にでも教えてもらったのか?

この記事にはあまり触れませんが、実は・・・・

ユダヤ人は2種類いるらしい

実はこのユダヤ人2種類いるのご存知でしたか?

1つは純粋なユダヤ人

もう一つはアシュケナージユダヤ人といわれる人種

この違いはなんなのでしょうか?

実際に世界を動かしているのはこのアシュケナージユダヤと言われています。

こちらの記事に関してはまた後日アップすることにしましょうか!

2種類のユダヤ人について・・・

2/17アップしました

[複雑難解]ユダヤ人の定義とその正体とは?歴史を知る必要があります。

自分のビジネスに置き換えてみよう

このユダヤの法則を使って自分自身のビジネスに当てはめてみるとどうなんでしょうか?

これだけ有効な法則があるのに使わない手はないのです。

しかし自分のビジネスに活かすといっても仕組みが分からねければ78:22の法則を手にすることはできないのでしょうか?

いえ!これは違うと考えます。

というのは仕組みのあり方を考えるよりもまず、初めに考えなければならないことってあると思うんですよね。

それはどういうことなんでしょうか?

78%の今の自分と新しい発見を生み出す22%の努力でしょうか。

これは以前お話した「3つの輪」のうちのCanに当てはめることができます。
~新社会人と社会人に贈る~自分の仕事を自己分析する方法!!「3つの輪」を使おう

そしてビジネスはその22%のうち78%は他人の為に力を注ぐ、残りの22%は自分の為に働く、

これがビジネスにおける黄金比率なのではないのでしょうか?

また一日の仕事においても同じことが言えるのかもしれませんよね?

一日の78%を自分の為に使い残り22%をを他人の為に仕事をする。

これではきっとビジネスはうまくいかないでしょう。

というのはビジネスというのは誰かの為に成り立つ仕事ですから、必要で求められたら仕事として成り立ちますが、

求められなかったらビジネスというのは成り立ちません。

このことから78%は自分の為に使うのではなく逆に他人の為に働く、そして22%は自分に返ってくるという

意識のもとでビジネスの考え方、あり方を構築する必要があると思うんです。

しかし頑張りすぎても頑張らなさすぎても上手くいかないことが多々あります。

それは単純に数値化はできないにしても「今日は50%頑張った」では人間成長できないでしょうし、

「90%」頑張ったといっても長くは続くものではありません。

ちょうど22%の余力を残すことがビジネスにおいて、人間の成長にとってもちょうどいいのではないのでしょうか?

と感じます。

まとめ

いかがでしょうか?

この「ユダヤの法則」実は「宇宙の倫理」に沿った法則なのかもしれません。

私達人間もこの世に存在する者ですから、なんにおいても当てはめることができると思うんですね。

単純に78:22にしようとしても難しいと思います。

しかし数値でわかったとしても形で表せるモノではありません。

まだまだ研究し、開拓する余地は十分にあります。

78:22の中には色んな考えが含まれていると思うんですね。

78%の自分22%の他人

78%の仕事22%余力

既存の仕事78%

新たに始める仕事22%

22%(100として)の中の78%

22%(100として)の中の22%

78%(100として)の78%

78%(100として)の22%

深く考えれば考えるほどこの法則は奥が深いものとなっています。

この法則というのは人を成長させるツールなのかもしれませんよね?

ビジネスにおいても、生活においても、お金においても・・・・

なかなか今回の記事は深く考えさせる記事となりました。

皆さんもこの法則を上手く利用し、役立てて頂けたらいいなぁ。

以上です。

( ̄^ ̄)ゞ

では

スポンサーリンク