原因はそこにあったの!?ブログを書いていて文字数が「1500文字」に収まらない理由~私の場合~

スポンサーリンク

ブログを書いていて文字数が「1500文字」前後で収まる人ってすごいよね!って話です。

私の場合一つの記事を書くのにゆうに「1500文字」を超えてしまうことがしばしばあるんです。

ブログを書き始めてた頃って「1500文字」って遠いなぁ~と感じたものです。

でもいつの間にか「1500文字」では書ききれない状況になってしまいました。

それはなぜなんでしょう?

過去記事を元にいくつか分析してみました。

前置きが長い

過去記事をいくつか読み返していると妙に前置きが長い記事があります。

自分の書いた記事ながら前置き長いな~と思ってしまいます。

これでは読む人も何を言いたいのか伝わってきませんよね?

前置きはシンプルが一番なのかな?

話が脱線してしまう

記事を書いていてよくやるのがどんどん記事の本質から外れてしまうことがあるんです。

それはなぜかというと色んな情報を拾って全て記事にしようとしているからなのでしょう。

本当はタイトルの本質をついた記事を書けばいいのですが、私は「ホントにこの少ない情報で伝わるのかな?」

これだけが全てではないから「色んなことを書いてアピールしたほうがいいんじゃない?」とか

考えてしまうのでつい脱線しがち気を付けよう。

過去の自分。

そして今からの自分

というお話でした。

より詳しく書こうとする

これは記事を書くにあたり必要なことだと思っています。

少ない文字数で読んでる人に全て伝わる記事の書き方があれば教えて欲しいもんです。

言葉って少なくてもいけないし多くても何を言ってるのか伝わらない。

少ない言葉で理解ができる文章を書ける人って凄いな!!と感心しています。

いつの間にか同じ言葉を繰り返している

そうそうこれ!

無意識にやっちゃうんですよね~(^^;)

で読み返して記事の修正を入れたりするんです。

そして記事アップまでに時間がかかってしまうんです。

見出しタイトルAで話をしてるのに

見出しタイトルBでも同じことを繰り返しちゃう。

ブログを書いていてそんな経験された方はいるのでは?

文字数だけ多くなり少ない言葉で伝えれていないのでは?

これは私の今後のテーマです。

上にあるタイトルと重複してしまうんですが(ほら!!同じこと繰り返してるww)

必要以上に文字数が多くなった場合、つくづく伝えるのが下手くそだなぁと自分で思いますね。

考えさせられる言葉、重みのある言葉など今後の課題にしないとね。

例えばローンを組む時ってどういう言葉を使うかというと

幸せの前借りという言葉を私はよく使います。

こういった言葉をどんどん増やして少ない言葉で上手く伝えるようにしたいですね。

サイトの滞在時間を狙っている?

いやいやそんな事ないんですよ。

いくら文字数が多くても読んでもらわないと意味がありませんからww

なるべく少ない文字数で伝えることができたらそれが正解だと思っています。

記事を書くにあたり「1500文字」と「5000文字」だと明らかに後者の方が時間がかかりますから

1つの記事あたりの時間で換算すると「1500文字」の2記事の方がいいですもんね。

まとめ

文字数が多いのは色んな方向で話をしてるからなのかな?と思うんですが

皆さんどうですか?

人にものを伝えるのって奥が深いですね。

会話にしたって、記事にしたって出来るだ少なく的確に伝えたほうが良いに決まっています。

特に現代は時間がなくて忙しくしている人ばかり、

ワザワザあんたのブログを全て読むほど私は暇じゃないのよっ

て人もいます。

イヤ!その前に記事すら読んでくれませんよね・

失礼しました(^^;)

なので今後の私の課題でしょう。

全く読者の理解を得ていない記事を書いていますが、

こういったダメ記事を読んで反面教師として見習ってくださいねww

では

( ̄^ ̄)ゞ

(これくらいで1544文字です)

 

スポンサーリンク