自分独自のブログの書き方を紹介します。

スポンサーリンク

ブログを書く時って皆さんどれくらいの時間をかけて記事を書いていますか?

またテーマを決めてタイトルを決めて、文字数等意識して検索を意識したりネタを考えたりと

ブログを書くにあたって考えなければいけないことって沢山あると思うんです。

何かにテーマに一貫性を持たせるブログサイトがいいと言われますが

私はそんなに一つのカテゴリーに対して造詣が深いわけではないので

今のところ行事や気になる商品紹介、仕事のことや趣味、疑問に思うことなどを記事にして書いています。

ブログに一貫性がないのは確かなんです。

でも同じテーマを書いていくっていつかネタ切れしそうではないですか?

ネタ切れをしないカテゴリーといえばどんなものがあるかなぁ

う~ん(悩)

毎日お茶の間を楽しませる芸能ですか。

又は時事ネタとか新しいテクノロジーを紹介したりとか?

毎日の奮闘記とかですかね?

他にもありそうな気がするんですが今回はここまでにしておきます。

記事を書いていてると、どんどん掘り下げて考えてしまうので話が脱線しそうなのでここで止めておきましょう。

話が脱線しがちな傾向は私にはあるので、最終的に記事がワケがわからなくなるんです。

参考になりづらいかもしれませんが指摘するところ多々あります。

いいか悪いかは自己で判断してもらってください。

またそんな私に助けの船を貸してくださる方、今の自分と同じ境遇にある方のみ記事を

読みすすめて見てくださいww

さてとっ!

では本題の「私のブログの書き方を紹介します」とあるように紹介をしていきたいと思います。

テーマの決め方を考える

テーマはなんだっていいと思います。

自分の興味があるもの、知りたいこと、疑問に思うこと、なんでもいいと思います。

私の場合

  • 世の中の疑問に関すること・・・・誰が流行を決めているの?→ファッションなのかスウィーツなのか掘り下げれば・・
  • 知りたいと思うこと・・・・世界の歴史、人類誕生の秘密、宇宙、人工知能、食に関する将来、行事に関する催事の由来
  • 自分興味があること・・・・ブログの書き方やコピーライティング、家電情報、料理、漫画、ゲーム
  • 今考えてること・・・・これからの仕事、家族、行事、など

テーマを決めるにあたっていくらでも身の回りに存在するもんです。

上記からテーマを引っ張っていくと人工知能に関する記事だっていいわけです。

その人工知能のテーマに絞ったら更に絞り込むことができるんです。

人工知能って何?、人工知能の実力はいかに?人工知能の今!人工知能の将来などのカテゴリーにわけることだってできます。

またカテゴリーが決まったらその話を突き詰めて自分の考えを入れて書いていけば

無限に記事を書いていくことだって可能なんです。

そこでタイトルを決めていきます。

 

タイトルを決める

人工知能に関するテーマが決まったら次に検索をしていきます。

SnapCrab_NoName_2016-1-22_9-48-4_No-00

ここからウェブ検索をかけていくと・・・

SnapCrab_NoName_2016-1-22_9-54-48_No-00

これらを元にタイトルを決めていくといいと思うんです。

実は私このやり方を実践していないんです。

なぜかというとこのやり方がトレンドらしくて、セミナーに行った時に教えてもらったやり方なんです。

ですが私は私のやり方で模索中なんです。

だってこの虫眼鏡をもとに記事を書いていたらみんな同じ文章になってしまうから、

みんな同じようなタイトルになって個性が感じられないので検索して記事を見てる人もつまんないでしょ。

だから私はこのやり方は実践していないんです。

自分の考えをプラスして記事を書いていこう

人口知能というテーマが決まったら自分の疑問に思うことをプラスアルファして

記事を書いていけば楽しく書けるんじゃないかな?

というのはこの人工知能って自分の興味がある分野だから調べてしまいます。

「人工知能」で検索をかけると上記にあったように色々キーワードが出てきます。

それを元に色々調べていくとそこに発見があるんです。

自分の考えている思考と重ねて記事を書いていけばいいのです。

人工知能の最終的なゴールってなんだろう?

人工知能と人類の共存は可能なのか?

人工知能と宇宙人どっちが優れてるんだろう?とか

考えちゃうんですね。

いろいろ考えた結果人工知能と宇宙人どっちが優れてるんだろう?に着目しても良いのです。

実際に記事タイトルに使用したのはこちらです。

どっちが優れている!?人工知能のロボットと宇宙人!!徹底分析してみた!!

そんな記事を書いてる人はそんなにいませんからね。

そして自分自身も調べて見ると面白いんです。

比較ができないから自分で両方の実力を分析し自分なりの解釈で発信すればいいんです。

それぞれ価値観は人それぞれですからね。

こと「人工知能と宇宙人」まだ世に出ていない不確定な要素満載だから勝手に記事が書けちゃうんです。

もちろんちょっとした裏付けもないと信ぴょう性に欠けるので

ただの妄想記事になってしまうので少し注意が必要かもしれませんよね。

書き出しを考える

さてと、テーマとタイトルが決まったら書き出しを考えます。

この書き出しというのは結構大切なんですよ。

というのはタイトル通りに記事を書いていくのはもちろんなんですが、

目を引く書き出しを書いたほうがきっと読まれ始めるのではないかと思うんです。

過去記事にはそんなテクニックは使ってないので説得力ないのですが、そのテクニックとはギャップですかね?

では実際に使ってみましょうか!!

記事のタイトルはこんな感じです。

どっちが優れている!?人工知能のロボットと宇宙人!!徹底分析してみた!!

書き出し①

一つの街に人造人間とフリーザ一味に囲まれてしまったような気分です。

書き出し②

人工知能を持ったロボットとまだ未知の知的地球外生命体のエイリアンはどちらが強いのか?能力比較をしてみました。

というように

表現の仕方で書き出しがこんなにも違うんですね。

もっと面白い書き出し方はあると思うんでこれから勉強していこうかなと思っています。

またこの書き出しで重要なことがあるんです。

それは、はてぶなどに記事を投稿した時に書き出しが少しタイトルの下の部分に載るのですが、

SnapCrab_NoName_2016-1-22_10-31-10_No-00

ここで目を引く書き出しにすると読まれやす傾向にあるそうですよ。

要は「えっ?なに?」と思わせることが記事を読まれる秘訣だそう。

このやり方を知った時に「もっと早く知っとけばよかった」と思いました。

見出しを作る

一つの段落を作ることで読んでくれる人も読みやすくなります。

また、記事を書くテーマとタイトルが決まれば自分思考と照らし合わせて見出しを作ればいいんです。

例によって人工知能のタイトルを元に説明をしますが、どこから説明をしていけばいいんだろう?ってことになります。

それに人工知能を少し語ろうとすればちょっとした裏付けをしないと信ぴょう性も疑われますからね。

見出しもストーリーが重要となってきます。

見出しを作るにあたってまず人工知能について知ってもらう必要性があります。

その為には情報を記事に書いていかないといけませんよね。

人工知能の現在の実力はどうなんだろう?

人工知能の仕組みってなんなんだろう?

どこまで人間の脳に近くなってくるんだろう?

人工知能が人類を超えてしまったらどうなるんだろう?

と掘り下げて考えていけば見出しもどんどん増えていくと思います。

見出しのAとB、Cは同じ関連性でつながっている

これは当然といえば当然なんですが記事を書いていく上でとても大切なことだと受け止めてます。

というのは記事タイトルに沿っての見出しですからAとBが違っては何を言ってるのかわからない記事になってしまいます。

例えば・・・

見出し①人工知能の現在の実力!!ディープラーニングとは?

見出し②衝撃の実力!!ディープインパクト

は?

何言ってるんだろう・・・

もうワケがわからなくなってしまいますよね?

まぁこれは極端な例ですが

AとBは同じ関連性とストーリ性があって初めて上手く伝えれる物だと思ってます。

またBとCも同じことが言えます。

結果AとCは同じ関連性がないと最終的に記事がよくわからなくなってしまうのでそこは注意して記事を書くように心がけています。

でも記事を書いていくと少し脱線してしまうのが初心者にありがちな記事の書き方なんです。

そう!!

それは私ですww

勢いよく記事を書いているといつの間にか記事が脱線していることがあります。

そんな時は見出しを増やしたり、見出しを減らしたりしてコントロールをしています。

そこで気がついた時に見直し、読み直しが必要になってくるんです。

何度も何度も読み返す

脱線をしてしまうと「ああっ~今までの時間と文字数がもったいない」と感じてしまうんですがこれを活かす手はないかな?

と考えるんです。

そこでAとBからDになった時にCを増やしてストーリーの修正をしたりしてます。

要はAとBの流れからDに話が脱線してしまった時に上手くバランスをとる中和剤が必要になってくるので

Cを足してなんの違和感もなかったかのように自然と記事を、話を進めることができるんです。

なので一概には見出しを完全に決めるのではなく足し引きをして記事のバランスをとるようにしています。

きっとよくあることですよね?

何度も何度も記事を読み返す私ですが最低5回程は読み返してました。

特に話が脱線してるなって自分で気がついた時によく読み返します。

以前は話が脱線してるのに自分で気がつかずに「出来た!!」と思って読み返すもんだから文章の校生に時間がかかってしまい、

記事をアップする頃には6時間くらいかかってしまうこともしばしば。

コスト悪すぎだったんです。

もちろん調べながら記事を書いていくと更に時間がかかってしまいます

10時間くらいは余裕でしょうww

なので最近はしっかりとリサーチして「この記事を書くとしたらどれくらい時間と労力がかかるんだろ?」と

計算できるようになりましたww

最後のまとめで何がいいたいのか伝える

記事を書いていく上で最後に自分の感想をまとめで添えています。

自分で調べて自分で感想を述べて自分で理解、納得をしている自分がいると思うんです。

そうすることで上手く自分でまとめれるような気がするんで、

できるだけまとめで感想と何を訴えたいのかを伝えています。

まとめ

というようにブログを書いていて私自身のブログの書き方を紹介しました。

まだまだ勉強するところがたくさんあるんです。

でも書き始めた当初よりは自分の感想や思いなどを文章を通じて発信できてるのかな?

まだまだ文章力に磨きをかけていかないとブログを書く事に追われる生活になってしまうのでそれだけは避けていと思います。

あっ因みにこの記事は3時間かかりました(^^;)

もっと時間というものを意識して書かないとね。

ということで参考にはあまりなりませんが、

私のブログの書き方を紹介しました。

あぁ~きっと未来の自分がこの記事をみると「ひよっこめ!!」となじるんだろうな~ww

ということで今回は

おしまい!!

( ̄^ ̄)ゞ

 

 

 

 

 

スポンサーリンク