クックパッド料理教室を開催するにあたってこれまでのまとめ

スポンサーリンク

以前から料理教室をやろうと決めていたんですが、何しろきっかけがなかったのも事実なんです。

自分のface bookページやLINEから生徒さんを集めるといってもそんなノウハウもありません。

どこか自分で開く料理教室はないかな~と探していたらあったんです。

クックパッド料理教室が、

仕事柄、急遽レシピを作成しなければならないときに、色んなレシピが載ってるクックパッドを利用してたんです。

一応、お客様からお金を頂くプロのコックとして生きていた手前、そのままレシピをパクるわけにはいきません。

利用していたというのは大体の目安となる分量の確認が主でしたから、それ以外の利用方法はありませんでした。

そんな中、クックパッドが料理教室の加盟を募集していたのが目に入ったんです。

そこで、やってみよう!!とチャレンジしてみよう!!というのがきっかけです。

それから早速行動に移してみました。

ということで実は資料請求から審査までの大まかな流れをお話していきたいと思います。

ただお話をしてしていく流れで、どうしても出せない情報があるんです。

これはクックパッドの規約があると思うので、あからさまに画像を転用することはできないのです。

なのでこの記事は流れと自分の視点でお話をしていこうと思っています。

また

少し脱線してお話をしていくことがありますがご了承ください(^^;)

読みにくいわい!!(笑)

では早速お話をしていこうかと思います。

始めにやったこと

まず始めにやらなければいけないことは、クックパッド料理教室がどんな感じで運営しているのか知るために資料請求を

してみました。

資料請求はもちろん無料、なんのリスクもありません。

クックパッドが料理教室の加盟を募集していたので資料請求してみたよ

そしてこの料理教室の目的を知る必要があったんです。

資料請求し、中身を確認

資料請求をしてみて直ぐに私宛のメールに資料が届きます。

そこで資料を確認します。

クックパッドから資料が届きました!!早速申込しました!!

クックパッドの思いを理解するところから取り掛かります

なぜクックパッドのレシピサイトが料理教室をするようになったかというと

実際にレシピを見ても作り方がわからない、上手に料理が作れない、など主に若い主婦たちの間で

いくつか声が上がったのがきっかけです。

確かにレシピ通りに作っても上手く作れるとは限りませんから、サイトに乗っているレシピを上手く活用するためにも

コツやアドバイスって必要ですよね?

そのために料理教室って必要かな?

私自身はこの料理教室を開くにあたりレシピ投稿をしなければなりませんでした。

クックパッドから投稿を促されたためです。

そりゃそうです。

ただ闇雲に料理教室を開きたいと言っても運営者側はどんな人がレッスンをするのか知る必要がありますからね。

そこで早速投稿しました。

レシピを。

私がレシピ投稿したのはこちらです

 驚き!!ブリの生カツレツ☆チーズソース♪

そこでレシピを書いていくテンプレートの中に作り方やコツ、ポイント等を打ち込む欄があります。

しかし、文字数が決まっているため事細く説明ができないんです。

そこで伝えきれない情報があるからそんな「上手に作れない」「作り方がわからない」等の声が上がったんだと思うんです。

それではクックパッド運営側もまずいと感じたのかどうかはわかりませんが、こういった声が出てるのは確かです。

ですので料理教室を開くというのは自然の流れではないかと感じます。

確かに私自身も料理を仕事にしていこうと決めた時に習うより慣れろ的な考えがあったのですが、慣れるより習ったほうが断然

料理を覚えるのが早い気がします。


以下より少し本題より話が脱線しますね。

習うより慣れろという格言は逆がいい場合もある?

ここで私の見解なんですが、慣れるっていうのは人それぞれ捉え方も違うし、考え方も違う、

器用な人もいれば、時間をかけてじっくり掴んでいくという人も中にはいると思うんです。

でも慣れるっていうことがゴールではありませんから、料理は習った方が良いのです。

レシピだけ見て作ってもその人の感覚で大きく仕上がりに左右されますから、この場合は慣れてしまうのはダメとは言いませんが

人それぞれの表現が「曖昧」だから上手く作れる人と、そうではない人に分かれてしまうんでしょうね。

それではサイトの意味もなくなってしまうような気がします。

せっかく200万以上のレシピがあるのにもったいないです。

ですので料理は習ったほうが良い。言えます。

習う手段は色々あるけれど・・・

クックパッドの投稿レシピは文字と写真だけの情報でしかない、よって人それぞれの捉え方によって違いが出てきます。

料理の出来に違いが出てきて当然だと思います。

動画で料理を学んでもいいのですが、ここで一つ問題があると思うんです。

視聴者からの質問に対してすぐには答えられないというのが問題ですね。

後程メールでやり取りすればいいのですがレスポンスが悪い!!

直ぐに解決したい人がいたらどのように対応していくのかがキーポイントでしょうか?

そして動画を作成する手間と質問者からのメッセージも気にしなければいけない。

365日24時間気にしていかなくてはいけませんから一回でも料理動画を配信すればそれなりに責任が伴います。

無料で投稿できるぶんそう言ったリスクもあることは確かでしょう。

※そんなこと考えてるからいつまでたっても料理の動画を投稿できないんだろうな~と思う私がいますが・・・

しかし料理教室はリアルタイムでコツやポイントをその場で説明をしてくれるメリットがあります。

また動画と違い、疑問点も直ぐに解決できます。

※デメリットはよっぽど記憶力がないと忘れてしまうということでしょうか?

なのでわかりきったことですが、その場で学んだほうがきっと身につく情報はたくさんあるんです。

これが習うってことではないのでしょうか?

だから料理教室ってなくならないし、需要があると思うんです。

基本的に日本人って内食が大半を占めてますからね。

そしてできるだけ美味しく健康的な料理を口にするということが大切ですからね。

ということで料理教室に対するクックパッドの思いと私の料理教室に対する思いのすり合わせをしないといけないのです。

ということを考えながらですね・・・

次に自分にとってできる事、やりたいこと、を妄想したんです。

ただ闇雲にクックパッドの運営に従うのではなく、自分独自のオリジナリティを発揮していかないといけませんからね。

そこで色々考えてみたんです。

生徒さんに求められるののはなんなのか?

まだ決まってはない段階でいろいろと妄想をふくらませながら地に足がついた行動をとるように意識しないとね。と

自分に言い聞かせながら記事にしたのがこちらです。

夢の中で料理教室を始めるにあたりどんなことをしようか妄想中

やはり初めはやったことのない分不安と、期待、また新たな出会いを楽しみに妄想してる自分がいるんですが、

やったことはないことは初めは誰でもできるものではないのでじっくり妄想の中から吟味し、続けることを意識しました。

でもイメージしていくことは大切ですよ。

何事もね。

で数を重ねるごとに良くなっていくんですよ。

人間ってそういうものですから、いくら料理を作って20年のキャリアがあったとしても

今からしようとしてる仕事は未知の世界!!

なので自分に過信することなく数を重ねて精度を上げていくことが私の課題となってくるんです。

とイメージをふくらませながら次にとった行動は

会場です。

脱線ここまで(笑)


 

次に行動したことは会場の確保

レッスン会場です。

簡単な料理教室をされている人って自宅でされている方もいると思うんですが、

私の場合は自宅で料理教室を開かないというのを決めていました。

で会場はどうするのかというと、前もって会場を借りれる段取りを組んでたんです。

ありがたいことに会場を貸してくれる会社がありました。

そこの支店長は「あっ別にただでもいいですよ~」と言ってくれました。(ありがたい~(^O^))

しかし!!そこは私の良心が許しません!

レッスン会場をタダでは借りるのは良くないので、何か会場を貸してくれる見返りを私自身が考えました。

要はその会社に貢献出来ることですね。

そのために出来ることはなんだろう?

※詳しくは以下のリンクからよろしければどうぞ

料理教室を始める段取り!会場を借りるところから

というようにただ料理教室をはじめるといっても結構な労力がいるんです。

料理教室はするにあたって何事も自分が出来る準備はしておかないイメージもできませんからね。

同時期に審査を受けます。

会場の段取りとほぼ同時期に審査というものがあります。

この審査はクックパッドの運営側が知りたい情報ですね。

この知りたい情報というには規範に反するので開示できませんが※申し訳ないですm(__)m

常識の範囲でのチェックとレッスン会場の確認、会場へのアクセス、など

また私の情報です。

あと20分程度の口頭審査がありました。

アンケートを受けるような質問形式の審査です。

特に緊張するわけでもなく、

  • 自分が料理教室をやっていきたい理由や動機
  • 過去に料理教室をしたことがあるか?
  • 生徒さんにどのようなことを教えてどのような反応がありましたか?とか

まあ一般的な質問をいくつか受けた程度です。

そのほか実際にレッスンを行うときのレシピの提示を求められました。

はい!!

作りました^^

表紙はこんな感じでシンプルに♪

SnapCrab_NoName_2016-1-21_22-39-18_No-00

また目次ページもこんな感じに作ったんです。

SnapCrab_NoName_2016-1-21_22-41-12_No-00

でレシピを4品作り、それぞれのコツやポイントをレシピに乗せました。

レシピに関してはこの記事では書いてはいませんのであしからず。

※レシピ公開はまた別記事で書いていきます

これらが審査の対象となるんですね。

その後1週間程の期間があいて結果報告を待つのみとなりました。

といった具合で料理教室を始めるにあたり行動したことのまとめとなります。

今の段階では結果はわかりませんがわかり次第報告をしていこうと思います。

これだけ張り切って料理教室の思いや行動を記事に書いたのに

ダメだったらどうしよ・・・・

ダメだったら笑いもんですww

ダメだったらダメでいい記事が書けそうです^^

※ポジティブにいかないとね♪

ということで
「クックパッド料理教室を開催するにあたってこれまでのまとめ」を終わりにしたいと思います。

では( ̄^ ̄)ゞ

 

 

 

スポンサーリンク