ビリー・ザ・キッド希少写真発見!!6億円の価値(゚∀゚)

スポンサーリンク

こんにちは^^
くっちーなっとです^^

今日はなんと6億円の価値がある写真が発見されたそうです( ̄▽ ̄)

それがこちら↓

SnapCrab_NoName_2015-10-16_16-30-15_No-00

左がビリー・ザ・キッド

その写真は米西部開拓時代の伝説的な無法者ビリー・ザ・キッド(Billy the Kid)

伝説的な無法者ビリー・ザ・キッドって何者?

南北戦争期でも特に知られたアウトローで、ワイアット・アープ、ジェシー・ジェイムズ等とならんで盛んに西部劇の題材となり、一つの時代を象徴するアイコンとして、アメリカでは現代でも非常に人気の高い人物である。

12歳の時に、母親を侮辱した男を殺してアウトローとなったとされ、10代はじめに殺人を犯してから死ぬまでに21人を殺害した

1881年4月18日に刑務所を脱走。このことが『ニューヨーク・タイムズ』で報じられ、有名となる。

射撃の腕

広く知られている、伝統的なビリー・ザ・キッド像は21人を殺し、21歳で殺された左利きの伝説的な早撃ち少年ガンマンというものである。

射撃と騎乗に関しては天賦のものがあったようです

馬を疾駆させながら杭に止まった鳥を次々に打ち落としたり、空中に投げ上げた空き缶が地上に落ちる前に6発、弾倉が空になるまで撃ち当てることができた。

何故そんなに人気があるのか?

弱い者をを助け強きをくじく義賊として映画や小説で伝説的に描かれたことで、西部劇の英雄として人気がある

ビリーは身長は5フィート(150センチ)足らずの小男だったという話がある。おまけにかなりの出っ歯であったらしい。

ビリーは無法者にしては、大変、親しみやすいタイプであったようで、誰とでも親し気に口を聞き、とても親しみやすく口達者な若者であったという。

こう聞くとなんだか茶目っ気がある人物象だと想像できますね^^

しかも早打ちのガンマンです。西部劇といえばガンマンですよね。

アメリカではヒーローがいて悪の組織を打ち破るっていうのがセオリーですもんね。

なので余計にビリーが英雄視されるのもわかります。

彼の名を一躍有名にすることになったある事件リンカン郡戦争と呼ばれた権力争い

の流血事件にあったようですね。

タンストールというイギリス商人出身の牧場主に認められ、その牧場でカウボーイとして働くようになっていた。

今日では、タンストール派は善玉、ドラン一味は悪玉と描かれることが多い

なぜそうなったかと言いますと

リンカン郡戦争とは一方が素朴で自然派の牧場主チザムを代表としているのに対して、もう一方のローゼンタールは、町の権力者たちを

バックに控えた都会の精肉業者との戦いです。

今風で言うと大牧場主は仕事をくれる雇い主になることはあっても、都会の資本家からは、何も得るものはなくただ自分たちの生活を圧迫し

排斥するだけの存在に過ぎないからである。

彼ら資本家から生活を圧迫され続けるうちに、やがて庶民の怒りが激しい憎悪と化すのは時間の問題ですよね?

現代ははまさにそうかもしれませんが…そんなヒーローが現れて欲しいものですね^^

どういうことかと言うと働けど働けど給料が上がらずに利権だけを貪る権力者に対しての戦争でビリーは一般庶民の目から見れば、ビリーの

取った行為はローゼンタールという支配者層への毅然とした挑戦と映ったのだと思います。

SnapCrab_NoName_2015-10-16_16-26-8_No-00

他にどんなビリーの写真があるのでしょう

ビリー・ザ・キッド本人を写したものと認められた写真は、この他に1枚しか存在しないとされる。

もう1枚の写真は、1880年に撮影された肖像写真。

ケイガンズによると、2010年に230万ドル(約2億7000万円)で落札されている。

SnapCrab_NoName_2015-10-16_16-34-20_No-00

すごいですね( ̄▽ ̄)

写真だけでこんなに価値があるものなんですね^^

闇討ちにより死亡

1881年7月14日、ニューメキシコ州フォートサムナーにてギャレットに射殺される。その時ビリーは丸腰で、寝室から食べ物を取りに部屋を出たところを闇討ちされたと言われる。寸前に発した最期の言葉はスペイン語の「誰だ?(¿Quién es?)」だとされている。だが死の状況に不自然な点も多く、後に自分こそがビリー・ザ・キッドだったと名乗り出た人物などもいて、生存説も根強く残されている。

ビリーの墓石は度々洪水で押し流されたり盗難に遭ったりの災禍を経た後、現在の元の墓所と思われる場所に安置し直された。しかし、その後も彼の人気故に記念品として削られたりして持ち帰られてしまうため、現在は写真のように檻に囲われている。
墓石の前に設置された石碑には、このような墓碑銘が刻まれている。

SnapCrab_NoName_2015-10-16_16-47-41_No-00

ビリーの墓石

SnapCrab_NoName_2015-10-16_16-47-33_No-00

引用元Wiki

写真の出所は?

米カリフォルニア州の中古品店で2ドル(約240円)で販売された写真が、米西部開拓時代の伝説的な無法者ビリー・ザ・キッドを写した非常

に貴重な写真であることが判明し、売りに出された。

西部開拓時代の骨董品や希少硬貨を専門に扱う企業ケイガンズによると

その価値はなんと、500万ドル(約6億円)に上るという。

価値がわかる人にしか払えない金額ですよね(>_<) しかも240円が→600000000円!!!wwww 250万倍ですよ!! 中古品の人ももっと早くに気づいていれば… でもそれが本物かどうかは証明する調査は1年を要し、ニューメキシコ州で撮影現場の検証も行われた。 写真の専売権はケイガンズが有しているという。

中古品の人…( ̄▽ ̄)

以上とんでもない写真の金額の記事でした^^

スポンサーリンク