生き抜くための武器は○○だった!!生きていく武器を身に付けよう!!そして磨き続けよう!!

スポンサーリンク

今回のテーマはズバリ!!「生きていく武器を身に付けよう」ということで

社会人20年!!(たった20年ですが)

の筆者が皆さんに贈るこれからの生き方と武器を身につけること。

そしてその武器を今後、色褪せないように磨き続ける術をお伝えしようかと思います。

これから社会に出る人から、なかなか自分の目標や使命を見いだせない方もご覧下さい

今の時代にぴったりかどうかはあなたの考え方次第で何とでもなります。

持ってる武器は人それぞれですからね。

その武器を持つことによって人間社会という大きなフィールドで勝ち抜くことができるのです。

生きていくための武器!それは人と必ず関わっているということ

全てにおいて共通する「武器」というものがあります。

この人間社会は経済至上主義で成り立っています。

そして生きていくには「お金」が必要です。

これは言わずもながですが、そのお金を得ていくために必要な事。

それが生き抜く為の武器です。

その武器というのは人を「喜ばせる」事です。

人が喜ぶことをしないとその人は求められません。

昨今の世の中は生活にとって便利な物ばかりです。

生活に役立つアプリからビジネスシーンで活躍するツール、多種多様です。

またそれらに関する商品は天文学的数字になるくらいの数があります。

それは人々が求めているケースもあればそうじゃないケースもありますが、それらの商品開発のきっかけは、

「こんな物があったらいいな」

と人の喜ぶ商品からから始まったものばかりです。

そしてその商品は「お金」という物に変わります。

ここで「お金」=「人を喜ばせる」という図式に変わってきます。

ですので生き抜く為の武器は「人を喜ばせる」ことに他なりませんよね?

「生き抜く為の武器」=「人を喜ばせる」=「お金」

そう思いませんか?

なぜなら世の中は需要があって供給があり、成り立っています。

ここでいう供給は「人を喜ばせる」

需要はそれに見合った対価を支払う「お金」ということになります。

供給があるから需要がある。

需要があるから供給があります。

結局「商売」の原点はそこにあると思って差し支えないでしょう。

実は気づいていないだけ。。。

そして皆さんも実は人の喜ぶ仕事をしてるんですよ。。

職業によってはあまり感謝されてないだけです。

そしてあなた自身が気づいてないだけ・・・

そう悲観しないで下さいね。

そしてその武器の使い方を知らないだけ。。

ただその武器を縦横無尽に意味なく使っては効果がありません。

それぞれのフィールドでその武器を効果的に使うことに意味があります。

その武器とはこの人間社会を生き抜く武器なのですが、人によってはまちまちでしょう。

しかし、人間社会で生きている以上、人との関わりがあるからこそ生きていけるのです。

人との関わりがあるから武器が必要だし、それを効果的に使うことで生き抜くために必要なスキルが身についてくると思います。

しかし初めからみんな武器を持っているわけではありませんよね?

初めはみんな赤ん坊みたいなもの

みんなの知っているドラクエでお話しましょうか。

ドラクエの主人公である勇者は目的があります。

それは世の中の悪がはびこる大魔王を倒し平和をもたらすことが勇者の使命ですよね。

しかしその大魔王は決して素手では勝てません。

武器がないと倒せませんよね?

しかも初めはレベルも低いのでスライムしか倒せません。

SnapCrab_NoName_2015-12-18_12-26-37_No-00

しかし戦闘を重ねていくことでどんどん強くなっていきます。そして

数々のイベントやクエストをこなしながら物語は進展を迎えます。

勇者の剣や天空の剣などがないと物語のストーリーも進展しません。

また仲間との協力がないと敵に立ち向かうことも困難です。

そして勇者自身のレベルもアップしなければボスに挑んでも勝てません。

そんな物語の主人公「勇者」です。

これを人間社会に置き換えるとどうでしょう?

勇者はあなたです。

これはあなたの物語、人生です。

この世に生を受けて成人するまで色々な人と出会い様々な価値観を構築していくと思います。

色々なことを学び、出会い、人それぞれの価値観が生まれてきます。

そして大人になり社会という大海原に出ることになります。

これはドラクエに例えると冒険にあたります。

社会に出るとやりたい仕事とは裏腹にまず社会人としてのビジネスマナーやその会社のしきたりや

ルールに沿って生きていくことになります。

そして社会に出て間もなく右も左もわからない人もいるかと思います。

就職したての社会人は武器すら持てず先輩の指示指導を受けながら成長していきます。

これはゲームに例えると取説を読んでいる状態となります。

説明書を読んで理解したら次は武器を手にとってひたすらモンスターと戦い経験値と熟練度を高めてレベルアップしていきます。

これは社会に出ても同じことがいえます。

そしてその武器の熟練度と経験値は自分だけのものです。

では次はモンスターハンターのお話をしましょうか?

初めは筆者も苦労したモンスターハンターですが

モンスターを倒すのに操作が違う色んな武器を使ってると熟練度は上がってきません。

SnapCrab_NoName_2015-12-18_12-23-8_No-00

しかし、同じ武器をずっと使っていると、

その武器の熟練度が上がり使いこなせるようになっていきますよね?

プレーヤースキルが身につきます。

モンスターの討伐にかかる時間も早くなるということですね。

武器を磨いていくには?その場がなければ錆びれてしまうことも?

現実世界に戻るとゲームとは違い、熟練度を高めない中途半端な人ばかりいます。

専門性に乏しいというか、プロ意識がないというか、

しかし同じことをずっと続けていけば、一度でもスペシャリストになれば、他の職業でも通じることはあるんですよ。

タイトルにあるように生きるための武器を身に付けよう!!というのはスペシャリストを目指すに他なりません。

そしてその武器を磨き続けよう!!というのはそれを効果的に活かす場を作っていく、ということですね。

せっかく手に入れた武器を使わずにいると錆びれてしまいますから、使うところを見極めていきます。

そのためには専門性とは別に幅広く知識を得て見聞を広め、自分の視野を広げることになります。

そう!!

幅広くです。

そして幅広く見聞を広める事で一つの点がいくつも出来上がりそれをつなげていく線になっていきますよ。

線からそれを丸にして自分だけの世界を広げていくことも可能ですよ。

これをゼネラリストと言いますが

 

~そしてスペシャリストからゼネラリストへ~

自分の武器を磨き続けようという事ですね。

そしてその武器を今後の社会というフィールドで作っていきそれを磨き続いけなければ生きていけないでしょう。

まとめ

現実社会の目的は武器を持って「お金」を稼ぐということです。


武器を持つということ

「人の喜ぶこと」=「武器」を身につける

「武器」=「お金」を稼ぐこと

磨き続けるということ

「視野を広げる」=「効果的な武器」の使い方

「効果的な武器」=「使命」の全う

「使命」=「自分の価値観」

「自分の価値観」=「人の喜ぶこと」


 

といったように実は全てはつながっているんですね。

タイトルには載せませんでしたが武器がない人、

また見つけられない人、目標や夢がない人、

まず自分の中にある価値観から掘り起こして

人の為に出来ること「人の喜ぶ」ことを探して

自分の価値観を「武器」にしていってはいかがでしょうか?

目標がなければ夢もない!!

そして特にやりたくない仕事をやり続けるより、自分が

「主体」

となり

生きて言ったほうがよっぽど素晴らしい人生送れると思います。

あなたはどうですか?

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク