VALUいうサービスは使われ方によっては人間奴隷を作るサービスになりかねないのでは?

スポンサーリンク

 

 

この記事の内容は個人的見解ですので

深く突っ込まれても困ります(笑)

と初めに言っておきます

 

ちょっと??的な話ですが現実に起こっている話をしたいと思います。

私、ほんのちょっとビットコインを持ってるんですが、ビットコインに関するサービスで

こんなサービスが登場しました。

 

(正確にはビットコインが運営しているわけではありません)

 

ビットコインを介して利用ができるサービスです。

 

どんなサービスかというと自分の持っている価値をビットコインに換金するシステムです。

ざっくりいうと「個人の株式を公開できる」サービスです。

つまり人間株式が始まろうとしています。

ああ~おそロシア!!

(古いかww)

でどんなサービスかというと、こんなサービスです。

 

 

今や自分の価値ですら商品になります。

以前国会で一億総活躍社会について時の総理大臣が言っていましたが、それを助長させるサービスが登場しました。

 

(そもそも一億総活躍社会って無理だと思うけどね)

(誰もががんばれるわけないし。。。)

 

そんで個人株式発行ってどんなことかというと

通常株券を発行できるのは一部の会社にしか許されていないじゃないですか。

マザーズ、ジャスダック、東証二部とか東証一部とか

上場企業というやつですよね。

会社というのは「上場」をすることで、一般の投資家から広く資金を集めることができます。

で、そのお金でさらに事業を拡大することができるわけです。

拡大し、利益が出れば株の価値が上がります。

会社の株価が上昇していきますよね。

企業も資金が潤沢になり、株を保有している人も価値が上がってハッピー、という仕組みです。

 

で、VALUはそんな「株式公開」を個人向けにできるサービスです。

 

つまり自分の価値をvaluというサービスを介して公開することで誰かにVAを買ってもらう仕組みです。

個人の株式で株券を発行できるサービスなんです。

 

個人の株式で株券を発行できる仕組みは?

 

価値の値段を決める仕組みは

ソーシャルメディアのフォロワー数・友達数に応じて自身の時価総額を自動的に算出されるようです。

その金額を元に模擬株式(VA)を発行し、自分の価値をシェアしたり取引する仕組みです。

 

ようは、フォロワーの数が多い人やネット上で影響力のある

インフルエンサーが時価総額が高くなるという仕組みです。

 

う~んきな臭い!!

 

通常は株券を投資家が買います

お金持ちがやる株式投資ですね。

 

ですがこのサービスは上記のように、フォロワーの数が多い人やネット上で影響力のあるインフルエンサーが

VAを発行してビットコインで買う仕組みです。

 

株券=お金

VA=ビットコイン

 

イメージとしてはこんな感じ

 

たとえば自分の価値が20000VAだとします

1VAあたり0.34640BTCですね

そこであなたの持ち株である2000VAのうち500VAを売りに出します

そうすると買ってくれる人が現れます。

 

するとあなたに500×0.34640BTCのビットコインが入るわけです。

つまり173BTCのビットコインを手に入れることができます。

 

(2017/6/7現在約は日本円に換算すると1BTCあたり約318352円です)

 

 

つまりあなたに日本円にして約5千5百万円ものお金が入ることになります。

 

これってすげえ!!

やばいですよね!!

 

そしてそのお金で自分の事業を拡大していく仕組みです。

また応援してくれる人が増えるとVAの価値も上がっていきます

こんなイメージを持っていただけたらいいかと思います。

 

 

 

このように株式会社のように、個人個人が自分の価値を「模擬株式」として発行できてビットコインによる取引できるという斬新なサービスです。

このベータ版が5月31日リリースされました。

クラウドファウンディングに近いサービスですよね。

 

価値の値段を決める仕組みから見るとソーシャルメディアや影響力のある人が有利なのは間違いなさそうです。

で、ここまではいいとしましょう。

 

しかし、影響力のない人がこれをやってしまうとどうでしょうか?

必ずしもうまくいかない場合があります。

 

そもそも発行できるVAの数と価値が少ないので、できることが限られてしまいます。

できることが少ないので失敗する確率も上がっていくでしょう。

 

事業がうまくいけばいいのですが、

事業に失敗したらもちろん自分の価値は下がっていきます。

企業でいうと会社の株価が下がっていきます。

あなたの場合でいうと、あなたのVAの価値も下がっていきます。

 

下がると借金の返済に困ります。

で、投資した人は怒りますよね。

「投資したお金!どうしてくれるんだ」と。

そして応援してくれる人も減っていきます。

応援してくれる人が減っていくとさらにVAの価値も下がります。

 

この場合は今はまだ、個人向けの民事再生法とかの法的整備はされていないはずなので、

自分株式を公開した人、つまりVAを発行した人は誰も助けてくれないんじゃないかな?

と思うわけです。

 

そして借金に追われた人は人間奴隷になる!

または自殺をしてしまう。。

悲しいかな、こんなことが予想できます。

つまり現実でもヴァーチャルでも人間奴隷が出来上がるという仕組みです。

 

確かに今は自分の価値を売っていく時代です。

 

しかしその価値が受け入れてもらえない、または失敗すると

自分思っている価値や人格までも否定されることになっていきます。

失敗すれば人格がお金という手段で否定されるんですよ。

人格はお金で測れるようになる時代です。

これって怖いですよね。

 

このサービスは使い方によってはこのようなことが起こりうるサービスと私は思いますけど

あなたはどう思う?

 

スポンサーリンク